念珠玉
Nenjutama

ヘッダ写真

玉の種類は、大きく分類すると、ガラス、木の実、香木、貴石と多様であるが、菩提樹や白壇、伽羅の香木を主としている。一枚の板から木取りし、丁寧にくり抜いた玉を一粒ずつ磨いて、自然のつやを出す。
念珠の玉の数は、基本的に108個であるが、14〜1080個まで様々であり、玉の一つ一つに意味がある。

関連する開催中のイベント

ページの先頭へ