提燈
Chochin

ヘッダ写真

提燈は、製法上、一周づつ止めていく「一本掛け式」と螺旋状に巻いていく「巻骨式」に分かれている。竹は、両者とも、丸骨、平骨が使用される。
京都では古くから上・下に取り付ける側、提燈本体、仕上げ、とそれぞれの工程を分業によって支え、上質の提燈を作り上げてきた。

関連する開催中のイベント

ページの先頭へ