京扇子
Kyo-sensu

ヘッダ写真

伝統産業の中には、大陸から渡来したものも多いが、扇子は9世紀ごろ日本で考案された。
木製の桧扇、次いで紙扇が生み出され、奢侈な工芸美術品として王朝社会の日常生活に深く根をおろし発達をとげた。舞扇、能楽扇、茶扇、飾扇、そして涼をとる実用扇などがある。

  • 写真
    京扇子
  • 写真
    京扇子
購入する(京もの専門店「みやび」へ)
ページの先頭へ