京焼 ・清水焼
Kyo-yaki and Kiyomizu-yaki

ヘッダ写真

奈良、平安時代にも京都で陶器が焼かれていたが、産地として発展したのは安土、桃山時代からであり、江戸時代にかけて数多くの窯が築かれた。
食卓用品、茶・華道具、置物などがつくられているが、技術、技法の多様さ、華やかさで整然とした美しさが特徴である。

  • 写真
    グラス
  • 写真
    ティーポット
  • 写真
    茶碗
体験・見学情報を見る(京都工房コンシェルジュへ) 購入する(京もの専門店「みやび」へ)

関連する開催中のイベント

ページの先頭へ