京焼 ・清水焼
Kyo-yaki and Kiyomizu-yaki

ヘッダ写真

奈良、平安時代にも京都で陶器が焼かれていたが、産地として発展したのは安土、桃山時代からであり、江戸時代にかけて数多くの窯が築かれた。
食卓用品、茶・華道具、置物などがつくられているが、技術、技法の多様さ、華やかさで整然とした美しさが特徴である。

  • 写真
    グラス
  • 写真
    ティーポット
  • 写真
    茶碗
体験・見学情報を見る(京都工房コンシェルジュへ) 購入する(京もの専門店「みやび」へ)

関連する開催中のイベント

  • サムネイル赤沢嘉則 陶展 ~空の思考~開催中無料

    平成31年1月18日(金)~1月30日(水)

    京都陶磁器会館 2階ギャラリー ■ JR東海道新幹線・東海道本線「京都駅」より 市バス「五条坂」下車すぐ ■ 京阪電車京都線「清水五条」駅下車 東へ徒歩約10分 ■ 名神高速道路 京都東ICから京都・大阪方面へ。 東山五条交差点を右折100m先。約6.6km約11分 有料駐車場有(3000円以上のお買い上げで2時間無料のサービス)

  • サムネイル京焼の未来展開催中無料

    2019年1月18日(金)~30日(水) 10時~18時(木曜休)

    京都陶磁器会館 1階 ■ JR東海道新幹線・東海道本線「京都駅」より 市バス「五条坂」下車すぐ ■ 京阪電車京都線「清水五条」駅下車 東へ徒歩約10分 ■ 名神高速道路 京都東ICから京都・大阪方面へ。 東山五条交差点を右折100m先。約6.6km約11分 有料駐車場有(3000円以上のお買い上げで2時間無料のサービス)

ページの先頭へ