京うちわ
Kyo-uchiwa

ヘッダ写真

南北朝時代に中骨と柄が一本の竹で作られたうちわが、倭寇によって西日本にもたらされたといわれている。中骨と柄が別々に作られた挿柄が特徴の京うちわは、土佐派や狩野派の絵師による絵が付けられた御所うちわが初めで、徐々に一般化した。

体験・見学情報を見る(京都工房コンシェルジュへ) 購入する(京もの専門店「みやび」へ)
ページの先頭へ