京版画
Kyo-hanga

ヘッダ写真

日本最古の木版画印刷物は、法隆寺の経文である。しかし一般的には17世紀初頭までは仏教関係の出版に使われる程度であった。
京都では江戸時代以降、挿絵入りの物語や、浮世絵、また明治時代以降は色や図柄のズレが許されない染色図案集を中心に発達してきた。

購入する(京もの専門店「みやび」へ)
ページの先頭へ