京袋物
Kyo-fukuromono

ヘッダ写真

人の往来が盛んになった江戸時代、京都へ来た人が好んでみやげものとして買い求めたのが京袋物。紙入れ、たばこ入れ、風呂敷、手提げなど、西陣織や京染、それに金物細工の技術が優れた商品をつくりだした。その伝統技術は、現在も受け継がれている。

関連する開催中のイベント

ページの先頭へ