西陣織
Nishijin-Ori

ヘッダ写真

5〜6世紀頃、豪族・秦氏が養蚕と織物をはじめたことに起源し、15世紀応仁の乱の後に基盤を築く。
西陣織は極めて多種多様で、綴、綿、緞子(どんす)、お召、絣、天鷺絨(ビロード)等があり、多色の糸を利用し絢爛豪華な糸使い模様の精緻さを特色とする。
和装用帯を主力に着尺地、能、神官衣装、インテリアなどが生産されている。

  • 写真
    西陣織1
  • 写真
    西陣織2
  • 写真
    西陣織3
  • 写真
    西陣織4
体験・見学情報を見る(京都工房コンシェルジュへ) 購入する(京もの専門店「みやび」へ)
ページの先頭へ