京刃物
Kyo-hamono

ヘッダ写真

平安遷都に伴い、優秀な鍛冶師が移り住んだことにはじまる。その後も優秀な鍛冶師が多く輩出され、今日の京刃物の伝統を築いた。
現在、彫刻刃や鎌、包丁などがつくられているが、西陣織、京焼・清水焼など数多い伝統産業の必需道具として大きな役割を果たしている。

購入する(京もの専門店「みやび」へ)
ページの先頭へ