巖田建 陶展 ~春色~

開催中無料

サムネイル

 巖田建さんの器は、やさしい質感の釉薬が魅力的です。
 彼は、様々な釉薬を使われますが、どの釉薬にも共通しているのは奥行きのある質感です。禾目が生じるマット釉が特徴的ですが、板谷波山の作品に触発されて、つくられたそうです。
 本展では、特に春にふさわしい色調の酒器や茶器を中心に、様々な器を展覧いたします。春の宴のために、是非お手に取ってご覧くださいませ。

巖田建(いわた・たける)陶歴
1979 京都に生まれる
1998 京都市立伏見工業高等学校 セラミック科 卒業
2000 京都府立陶工高等技術専門校 研究科 卒業
2001 京都市産業技術研究所 工業技術センター 卒業
2005 巖田雙楽氏のもと家業につく
2006 荒木義隆氏に師事(~2014)
2019 うつわ男子展ー清水寺ー 『祈りを届ける』出品

開催日時

2020年4月3日(金)~4月15日(水)

料金

入場無料

開催場所

京都陶磁器会館 1階展示場

交通

■ JR東海道新幹線・東海道本線「京都駅」より
市バス「五条坂」下車すぐ
■ 京阪電車京都線「清水五条」駅下車 東へ徒歩約10分
■ 名神高速道路 京都東ICから京都・大阪方面へ。
東山五条交差点を右折100m先。約6.6km約11分 有料駐車場有(3000円以上のお買い上げで2時間無料のサービス)

所在地

京都市東山区東大路五条上る遊行前町583番-1

お問合わせ

主催:一般財団法人京都陶磁器協会
TEL:075(541)1102     FAX:075(541)1195

公式サイトhttp://kyototoujikikaikan.or.jp

関連する伝統産業

ページの先頭へ