林康夫 陶展 ~五条坂より~

開催予定無料

サムネイル

林康夫氏は、戦後の前衛陶芸の草分けとして活躍され、91歳になられた今もなお、その創作力は衰えるところを知りません。
本展では、1950年代の旧作から、2019年の最新作に至るまでを一堂に展覧いたします。 また、当時13歳で日本画を志す「林少年」が描いた「柿の絵」も特別展示いたします。
弊館が位置する五条坂は、まさに林氏が陶芸を始められた場所であり、日本の前衛陶芸発祥の地と言えます。 ぜひ、お見逃しなくご高覧下さいませ。


林康夫 (はやし・やすお) 陶歴

1928年    京都市に生まれる
1947~77年 「四耕会」「走泥社」で活動
1998年    京都市文化功労者
2016~17年 林康夫・芸術への希求、陶で挑む展(兵庫陶芸美術館)
2018年    京都新聞大賞文化学術賞受賞
2018~19年 台湾陶芸展、IAC会員展
(新北市立鶯歌陶瓷博物館・台湾)
IAC名誉会員

開催日時

2019年9月27日(金)~10月9日(水) 10~18時(最終日17時閉場)会期中無休

料金

無料

開催場所

京都陶磁器会館 2階ギャラリー

交通

■ JR東海道新幹線・東海道本線「京都駅」より
市バス「五条坂」下車すぐ
■ 京阪電車京都線「清水五条」駅下車 東へ徒歩約10分
■ 名神高速道路 京都東ICから京都・大阪方面へ。
東山五条交差点を右折100m先。約6.6km約11分 有料駐車場有(3000円以上のお買い上げで2時間無料のサービス)

所在地

京都市東山区東大路五条上る遊行前町583番-1

お問合わせ

主催:一般財団法人京都陶磁器協会
TEL:075(541)1102     FAX:075(541)1195

公式サイトhttp://kyototoujikikaikan.or.jp

関連する伝統産業

ページの先頭へ