赤雲窯 展 

終了無料

サムネイル

赤雲窯は、茶陶や割烹食器を中心とする京焼窯元です。1971年、京都五条にて創業した赤雲窯は、当代岡田優の独立を機に、現在の宇治炭山の地に移り、先代から引き継がれた技術の光る京焼を作り続けています。
 初代岡田和夫は、金沢九谷での修行ののち、京都においてその卓越した絵付けの技術を認められ、仁清の写しなど茶陶の制作に取り組みました。また九谷にて、釉裏金彩などの高度な技法を修得し、その高い技術は当代の作る割烹食器などにも受け継がれています。
 「赤雲窯」という名称は、日々五条の坂を下り、西山の夕焼けを眺めていた先代によって名づけられました。身近な風景へのまなざしは、当代優によって、現在の赤雲窯においても大切にされています。

赤雲窯(せきうんがま)沿革
1971年 京都五条にて、初代和夫により開窯
1987年 二代目優の独立を機に京都宇治・炭山に移り、現在に至る

開催日時

2019年7月19日(金)―7月31日(水) 10:00~18:00 木曜日休館

料金

無料

開催場所

京都陶磁器会館 1階展示場

交通

■ JR東海道新幹線・東海道本線「京都駅」より
市バス「五条坂」下車すぐ
■ 京阪電車京都線「清水五条」駅下車 東へ徒歩約10分
■ 名神高速道路 京都東ICから京都・大阪方面へ。
東山五条交差点を右折100m先。約6.6km約11分 有料駐車場有(3000円以上のお買い上げで2時間無料のサービス)

所在地

京都市東山区東大路五条上る遊行前町583番-1

お問合わせ

一般財団法人京都陶磁器協会
TEL:075(541)1102 

公式サイトhttp://kyototoujikikaikan.or.jp
大きな地図で見る

関連する伝統産業

ページの先頭へ