山下裕美子 磁器展  石のかたち – fossil scene –

終了無料

サムネイル

山下裕美子にとって土を用いた制作は、土が接した水や空気、時間など目に見えにくいものをかたどり「石」化する行為です。
例えば焼き物に欠くことのできない水。山下のうつわには焼成を経てなお、水の存在を感じます。その柔らかいかたちは、土がまだ湿り気を保っていた時の触感を想起させるとともに、これからうつわに触れる掌や唇の感覚へとつながっていきます。彼女の手の中にある、水のように絶えず動くかたちは、次に手に取る誰かへと向かって、うつわとして、あるいは身を彩るアクセサリーとして、その一瞬を現します。
また、お菓子や包み紙など、日常にさりげなく存在するものを捉えたかたちは、それらがまとってきた空気や時間をも今ここにとどめます。それらはどれも、見る人それぞれの生活の風景を呼び起こし、また新しい日へつなげるものとなります。


山下 裕美子(やました ゆみこ)
制作工程で紙を使用することで、ごく薄い皮膜のように焼きあがる磁器のオヴジェや、動いていく「途中のかたち」を意識した白磁のうつわを制作している。いずれも、形そのものではなく、物体でありながらまわりの空気や時間を前景化させるものを求めて制作に取り組んでいる。

1982年 愛媛県生まれ
2004年 京都教育大学造形表現コース 卒業
2008 年 京都府美術工芸新鋭展 (京都文化博物館)
2015 年 琳派400年記念新鋭選抜展 (‘16京都文化博物館)
個展「くうきの輪郭」(+1artギャラリー/大阪)
2016年 個展「きおくの輪郭」(京都陶磁器会館)
2017 年 Kyoto Art for Tomorrow (京都文化博物館)
感錐 OPENERS 2017(アートスペース感/京都)
個展「白図White Figure 」(+1artギャラリー/大阪)
俳句×美術in 伊賀上野(入交家住宅/三重)
俳句×美術in 丹波篠山 猪名川サテライト(静思館/兵庫)
2018年 個展「fractal」(ギャラリーSILVER SHELL/東京)
山下裕美子×濱田菜々「痕跡あるいは不在」(gallerygallery /京都)
2019年 個展「石の紙 fossil paper」(+1artギャラリー/大阪)

開催日時

2019年7月5日(金)~17日(水) 10:00~18:00  木曜日休館

料金

無料

開催場所

京都陶磁器会館 1階展示場

交通

■ JR東海道新幹線・東海道本線「京都駅」より
市バス「五条坂」下車すぐ
■ 京阪電車京都線「清水五条」駅下車 東へ徒歩約10分
■ 名神高速道路 京都東ICから京都・大阪方面へ。
東山五条交差点を右折100m先。約6.6km約11分 有料駐車場有(3000円以上のお買い上げで2時間無料のサービス)

所在地

京都市東山区東大路五条上る遊行前町583番-1

お問合わせ

一般財団法人京都陶磁器協会
TEL:075(541)1102

公式サイトhttp://kyototoujikikaikan.or.jp
大きな地図で見る

関連する伝統産業

ページの先頭へ