内田雅 陶展 -日々に棲む-

終了無料

サムネイル

内田雅さんは、白磁に鉄や呉須で絵付けを施した、日常の器などを主に制作されています。
 内田さんの作品にしばしば見られる、水辺の生き物や草花の絵柄は、故郷の岐阜での風景を思い出し描かれたことをその始まりとしています。日常におもしろみを加える染付の器と共に、豊かな濃淡の生まれる鉄絵の技法を生かし、ユーモアあるオコゼを描いた陶額は、今や内田さんの代表作となっています。
 「何度描いてもおもしろい」と繰り返し描かれ、少しずつ表情を変えていく生き物たちをゆっくりとご覧ください。

内田雅(うちだ・ただし)陶歴

1947年 岐阜県に生まれる
1968年 人間国宝 近藤悠三先生に師事
1977年 現住所(仁阿弥道八窯跡)に築窯

日本工芸会正会員・日本伝統工芸展 入選20回
日本伝統工芸近畿展 受賞2回/監査委員・特待者を歴任
東京、大阪、京都、岐阜、岡山、兵庫などにて個展

開催日時

2019年5月24日(金)~6月5日(水) 10:00~18:00  木曜日休館

開催場所

京都陶磁器会館 2階ギャラリー

交通

■ JR東海道新幹線・東海道本線「京都駅」より
市バス「五条坂」下車すぐ
■ 京阪電車京都線「清水五条」駅下車 東へ徒歩約10分
■ 名神高速道路 京都東ICから京都・大阪方面へ。
東山五条交差点を右折100m先。約6.6km約11分 有料駐車場有(3000円以上のお買い上げで2時間無料のサービス)

所在地

京都陶磁器会館

お問合わせ

主催:一般財団法人京都陶磁器協会
TEL:075(541)1102     FAX:075(541)1195

公式サイトhttp://kyototoujikikaikan.or.jp
大きな地図で見る

関連する伝統産業

ページの先頭へ