西陣織美術工芸展 ~日本の美 西洋の美

終了無料

サムネイル

日本最古の伝統産業である西陣織。
西陣織の織技術を駆使して,先人の遺した偉大な日本画や掛軸,さらに西洋印象派の巨匠が描いた絵画を,精緻に織り上げた作品を一堂に展示します。
稀少な技術により紡がれた西陣織の美の世界を,とくとご覧下さい。

開催日時

平成30年11月3日(土・祝) 10時~18時

開催場所

神戸市 旧居留置 THE45thビル 1階

所在地

兵庫県神戸市中央区播磨町45

申し込み方法

入場無料

お問合わせ

西陣織・丹後織物フォーラム実行委員会
(事務局:塚喜商事株式会社 あさぎ事業部内)
TEL:075-353-5746  FAX:075-343-1150

協力

後援:西陣織工業組合

公式サイトhttp://www.tsukaki.com

【アクセス】
神戸市営地下鉄海岸線「旧居留地・大丸前」駅より徒歩3分
JR神戸線「元町」駅より徒歩6分

【画像について】
黄金のタペストリー
柄名:尾形光琳 紅白梅図
サイズ:タテ約3.4ⅿ・ヨコ約3.0ⅿ
特徴:琳派の代表作である尾形光琳の紅白梅図を、西陣織の高度な技術により再現しました。
   純金箔をふんだんに使い66cm幅の織物を5本つなげて一つの絵になるよう製織しました。
   豪華で迫力ある黄金のタペストリーをご覧ください。

大きな地図で見る

関連する伝統産業

ページの先頭へ