京都の金属工芸品
Kyoto metal crafts

ヘッダ写真

金・銀・銅・鉄・錫・真鍮などの金属を、鎚起(ついき)、鋳金(ちゅうきん)、彫金(ちょうきん)などの技術により成形、表面加工して仕上げる工芸品である。
用途は茶・華道具、神仏具、室内装飾品、装身具などで、伝統的な手工芸技術によってつくられる。

体験・見学情報を見る(京都工房コンシェルジュへ) 購入する(京もの専門店「みやび」へ)

関連する開催中のイベント

ページの先頭へ