京和傘
Kyo-wagasa

ヘッダ写真

かつては、番傘、供傘などがつくられたが現在では数少ない。かわって朱大傘、さしかけなどの神事、仏事、茶事、店舗装飾を用途とする傘が製造されている。
京和傘はロクロと骨のくり込み、紙貼り、頭包み、油びき、漆かけと一貫生産を特徴とする。

関連する開催中のイベント

ページの先頭へ